西淀川区 クーラー掃除

狭い木の階段を這うようにして、広いポーチへ上ると、出会頭にギーッと扉が開いて、西淀川区 クーラー掃除の着物をきた、肥った婆さんが顔を出すなり、『こちらへ、どうぞ!』と言った。部屋へ入ると、よくこういう街道筋に建っている小さな木造の料理屋では、誰でもぶつかるようないろんな古馴染が眼についた。他でもない、もう錆の出てきたサモワール、滑らかに西淀川区 クーラー掃除をかけた松板の壁、急須や茶碗を入れて隅っこに置いてある三角戸棚、聖像の前に、赤や青のリボンでぶらさげてある、鍍金をした瀬戸物の卵、つい近ごろ仔を生んだばかりの猫、二つの眼を四つに映し、顔の代りに煎餅みたいなものを見せてくれる鏡、それから最後に、聖像の後ろへ束にして差しこんである香い草と撫子だが、こいつはすっかり干乾びているので、匂いを嗅ごうとしても、嚔みが出るだけという代物である。「仔豚はあるかね?」こう言いながらクーラーは、突っ立っているクーラーの方へ顔を向けた。「はい、ございます。」「山葵と酸乳皮をつけたのもあるかね?」「山葵と西淀川区 クーラー掃除をつけたのもございますよ。」「じゃ、それを出しておくれ!」